女性の薄毛対策研究所

女性の薄毛対策研究所

HOME >>  女性の薄毛について > メカニズムと対処法

メカニズムと対処法

女性の薄毛の原因は今現在、メカニズムが全く判明していません。しかし、薄毛の状態についてはある程度判明しています。

一口に薄毛といっても、女性の薄毛と男性の薄毛では、メカニズムが全く違い、治療方法も確立されていません。女性の薄毛は、毛穴から毛の本数が減っていく現象であることが理解されています。つまり、毛穴自体が死んでいきます。ちなみに、男性の毛髪の場合は、毛穴から減るのではなく、育たないのが原因です。

根本的な違いがお分かりいただけたでしょうか。髪の毛の「生えない」期間が長くなる女性と、髪の毛が生えているけれど成長が遅すぎている男性。女性の薄毛のほうが、症状が深刻なように思えてきます。

さて、女性の薄毛の原因ではないかとされているものに、甲状腺ホルモンの異常があります。骨や血液など、体に必要なものをつくる機能を持っている、甲状腺ホルモン。これは、髪の毛を形作る機能も、当然ながら備えています。それが上手に機能しないため、髪の毛も薄くなっているのです。

多くの女性は、美容のためにヒアルロン酸などを含んだ健康食品を摂取します。高齢の方に顕著です。しかし、甲状腺ホルモンの異常は。血液中のヒアルロン酸が過剰であるときに発生します。このため、ヒアルロン酸などの摂取をやめると、劇的に薄毛が回復することもあります。

さて、毛髪の場合に効果的なのは、頭皮マッサージです。頭皮のマッサージを行うと、頭皮の血流が良くなります。老廃物を流し出してやることがで、毛根の死滅を抑えることが出来ます。就寝前と起床後・入浴後の3回、頭皮マッサージをするようにしましょう。女性の薄毛も、毛根の密度が回復することによって、劇的によくなるでしょう。

© 2014 女性の薄毛対策研究所 All Rights Reserved.