女性の薄毛対策研究所

女性の薄毛対策研究所

HOME >>  女性の薄毛について > エストロゲンの減少が原因

エストロゲンの減少が原因

女性の薄毛は気づかないうちに進んでいることが特徴です。気づくと薄くなっていたという方が多いのです。薄毛の原因には女性ホルモンの一つである『エストロゲン』の減少が大きく関わっています。

エストロゲンは髪の成長させる働きがあります。また、成長を持続させるという効果もあります。このエストロゲンが減少すると髪の成長期が短くなると言われています。平均28歳頃をピークにこのエストロゲンは減少方向に向かっていきます。薄毛になるのを改善させる方法はエストロゲンを増やすことです。

どうすれば、増えるのでしょうか?

それは女性ホルモンが大量に分泌される時間に十分な睡眠をとるということです。女性ホルモンは22時から2時ころにかけて体内で分泌します。この時間に睡眠を取れば、細胞は新しく生まれ変わり健康でよい毛髪環境になります。

また、近年ストレス社会の中を生きる女性も増えてきています。ストレスを感じると薄毛になりやすいですので生活習慣を見直し、十分に睡眠を取ることで健康な体と同時に薄毛の悩みも解消されます。

育毛剤や頭皮マッサージなど外側からのケアも大事ですが一番重要なのは内側からのケアです。内側がしかりしていなければ、外側からのケアを行っても効果は半減します。

気づく前からのケアができればいいのですが、なかなかそのようにはうまくいきません。でも、気付いた時から正しいケアを心がければ遅くはありません。女性は男性よりも薄毛対策をしっかりすれば治る可能性が高いですので、悩みが申告になる前に薄毛が気になる方は自らの生活習慣や食べ物、ストレスの原因などを見直してみてはいかかでしょうか?

それが解決できれば、薄毛が気になっていた方も十分に回復の見込みがあります。

© 2014 女性の薄毛対策研究所 All Rights Reserved.